花粉の季節の洗濯・お掃除ポイント

花粉の時期に注意したい掃除や洗濯のポイントについて

■掃除はこまめにしています♪・・え?ダメですか?

 

室内に侵入した花粉を退治するためには、部屋の掃除が欠かせません
また洗濯のやり方によっても、花粉は引き寄せられてしまいます。

 

花粉が舞う季節は、最低限のルールを守りながら掃除と洗濯を行ってください。
これからご紹介するポイントを取り入れるだけでも、花粉症対策となります。

 

花粉症対策となる部屋の掃除方法と注意点

 

空気清浄機や加湿器を使用していない場合、部屋の中は花粉でいっぱいです。
地面に積もった花粉は、掃除機から吐き出される空気により、また宙を舞ってしまいます。

 

そこで自宅を掃除する時は、いきなり掃除機を使わないようにしてください。
最初は床に積もった花粉を、お掃除シートやローラー、濡れ雑巾で取りましょう。

 


これは玄関や窓、ソファー、トイレ、洗面所などを掃除する時も同じです。
カーペットであれば、十字を描きながら小刻みに掃除機を動かす
埋もれた花粉がスムーズに取れます。

 

人が歩くだけでも花粉は飛びますので、焦らずにゆっくり掃除することがポイントです。

 

市販製品の中には、花粉の舞い上がりを防止する掃除スプレーもあります。
手間を省きたい人は、購入を検討しましょう。

ちょっとした洗濯の工夫で花粉は落とせる

■今日もいいお天気!お洗濯日和だわ♪・・これもダメ?

 

ベランダで洗濯物を乾かそうとすると、風に乗った花粉が衣類に付着します。
取り込む時に衣類を叩く人もいらっしゃいますが、叩くと繊維の奥に花粉が入ります。
そのため表面に付着した花粉を落とすよう、振り払ってから洗濯物はしまいましょう。

 

花粉が大量に飛散する12時から15時、風が強い日は部屋干しにすべきです。
部屋干しによる生乾きの臭いが苦手という人は、部屋干し専用の洗剤を購入すると良いでしょう。

 

また柔軟剤を使うと、衣類の表面が滑らかになります。
花粉が洋服に付着する原因は、繊維と繊維がこすれ合った時に生じる静電気にあります。

 

静電気を弱めることができれば、花粉の付着量を抑えられますので、柔軟剤や静電気防止スプレーを使いましょう

 

 


鼻水を止めるお茶についてはこちらから

鼻水鼻づまりお助けアイテム

   『28年間のツライ鼻炎とはキッパリお別れできました』

◇◆ 『えぞ式 すーすー茶』 ◆◇

喉の違和感は、鼻炎・鼻水が原因の場合もある?!

今までの鼻炎対策とは全く違い眠くならない、

たった1杯でその効果が実感できるノンカフェイン健康茶が誕生!

すーすー茶の詳細は⇒こちら