蓄膿症に特有の”臭い”について嗅覚の問題、口臭について

蓄膿症だと、臭いを感じない?嗅覚がなくなってしまいますか?


鼻づまりや鼻水が止まらない状態が続き
物の臭いも判別できないという人もいます。
これは、鼻の内部、鼻茸・嗅裂部付近の粘膜が膨張し
風が通りにくくなることで、におい分子がにおいの判別をつかさどる
嗅上皮まで届かないことが原因で起こります。

 

進行が進むと、味覚にも以上が起こります。


ですが、たいがいの方は
症状が徐々におさまってきて、嗅覚も元に戻ったと思ったら
「なんか変なにおいがする」と気がつくことが多いようです。

 

実はこの嫌な臭いは、蓄膿症の典型的な症状の一つとされています。

 

どのような感じなのか、蓄膿症の経験者に話を聞いてみると
さまざまな表現で説明されます。

 

「硫黄に近い」
「魚の腐った感じ」
「生ごみみたい」
「ドブの香り」

 

といった感じです。
表現はいろいろですが、いずれも自分からすすんで
嗅いでみたい感じではありませんよね。

 

 

私、もしかして口臭がキツイ?臭いですか?


何でこんなことになるかというと、その悪臭のもとは細菌です。
このような細菌が副鼻腔の中に入ると
どんどんを作り出してしまいます。
この副鼻腔にたまりにたまった膿
あの悪臭を作り出す原因となります。

 

「悪臭で周りに迷惑をかけているのではないか」と思う人もいるでしょう。
軽症であれば、自分が感じているほど周りは悪臭を認識していないことも多いです。

 

しかし症状が進んでしまうと、呼吸をする時に
その悪臭が息に乗って周りに伝わることがあります。
ひどくなると、自分の周囲1メートルくらいの人が
悪臭を感知することもあるといいます。

 

1メートル前後左右にいる人に迷惑をかけていると思うと
いたたまれなくなるかもしれませんね。

 

しかしこの悪臭ですが、きちんと蓄膿症の治療を行えば、取り除くことは可能です。
気になるのであれば、まずは自分の症状をしっかり把握して
症状と、原因にあった治療方法を選び実践しましょう。

 

もちろん、専門の医師に相談することも平癒の近道かもしれません。

 

鼻炎も断ち切るお茶?管理人がすーすー茶を飲んでみた!

 

鼻水鼻づまりお助けアイテム

   『28年間のツライ鼻炎とはキッパリお別れできました』

◇◆ 『えぞ式 すーすー茶』 ◆◇

喉の違和感は、鼻炎・鼻水が原因の場合もある?!

今までの鼻炎対策とは全く違い眠くならない、

たった1杯でその効果が実感できるノンカフェイン健康茶が誕生!

すーすー茶の詳細は⇒こちら