喉に張り付く感じは痰、鼻水どちら?

喉に何か張り付く感じで気持ち悪い。鼻水、痰、乾燥が原因?

喉に張り付く感じ

 

喉が張り付く感じ 乾燥 

喉に何かが張り付く感じがする原因の一つに
身体の乾燥があります。

 

これは特に、乾燥する季節だから起こるものではなく
体内の保水能力が落ちていることから起きます。

 

体内が水分不足になる痰に粘りが出てしまい
喉に張りつく感じがします。

 

体内の乾燥による喉の張り付く感じは
水分不足を解決することで解消します。

 

体内の水分不足とは細胞内の水分が減少しているということです。
安易に考えていると、大きな病気を引き起こしてしまいますので
喉の乾燥による張り付き感を感じたり

 

肌の乾燥、身体のむくみ感など
異変を感じたら、少し気をつけて生活をしましょう。

 

・まず、暴飲暴食をやめる
・体温をあげる
・運動不足を解消する
・粘り気のある食材を摂る

 

上記を意識して、生活改善しましょう。
漢方薬で体内の保水力を調整することも可能です。
お近くの漢方のお店でご相談されて下さいね。

 

保水能力を上げると、肌も美しくなりますよ

 

 

喉が張り付く感じ 鼻水・痰

喉の張り付き感は上記の乾燥とは違う原因で
喉に鼻水が落ち込み張り付いた感じがすることです。

 

※)この鼻水は、よく痰と間違われていますが
同じように喉、口から排出されていても
正常な場合は、痰と鼻水は成分・役割が違います。

 

この喉に落ち込む粘り気が強い鼻水は
色は黄色っぽく、どろっとしており
臭い匂いがあります。

 

これは、副鼻腔炎を起こしている可能性があります。
風邪や、アレルギー鼻炎が治まった後
長期間の喉の張り付き感がある場合
耳鼻科にてご相談されてください。

 

副鼻腔炎には大きくわけて急性慢性ものがあります。
(他にも好酸球性副鼻腔炎、副鼻腔真菌症などを含めて
副鼻腔炎と呼びます。)

 

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の違いは

 

急性が3週間以上経過したら
慢性副鼻腔炎と呼称するように言われています。

 

確かに簡単に言うとそうなのですが
経過がちゃんとあるんですね

 

急性副鼻腔炎になってしまった原因があり
(副鼻腔炎は細菌などにより鼻水が過剰に放出され
それが鼻の奥の空洞にたまり、膿となっています)

 

それがなかなか治らない原因があり
(副鼻腔内がなんらかの要因・鼻孔内の形状など
空気がスムーズに循環されない情況に陥っている)

 

結果、正常に回復せず
慢性副鼻腔炎に
なってしまうのです。

 

慢性副鼻腔炎になりやすい人は
この何らかの要因、鼻孔内の形状が関係していますので
何度も再発するという悪循環に陥ります。

 

【関連ページ】
管理人も飲んでる鼻がすっきりするお茶

えぞ式すーすーちゃの実際の体験談はこちら⇒



喉が痛いのは、鼻水鼻づまりの緩和・解消に期待!

   『喉の不快感は鼻炎・鼻水が原因の場合も?』

喉に流れ落ちる鼻水が喉に炎症を起こすこともあるって・・知ってましたか?
乾燥する季節の水分補給に、鼻炎対策に〜自然な素材で安心できるお茶 1杯でも効果が実感できるノンカフェイン健康茶
(株)北の達人コーポレーション『えぞ式 すーすー茶』
薬や手術などに頼らず安全に、しかもできるだけお金をかけず 短期間で蓄膿症・副鼻腔炎を改善したいと思っている方へ原因・タイプ別にアプローチ
副鼻腔炎・蓄膿症を改善!「鼻スッキリ!スルーノウズ」