なた豆茶の成分が気になる!

なた豆茶の成分は体にいいものばかりって本当?


なた豆茶が健康にいいといわれているのは、有効成分がいくつも含まれているからです。
たとえばカナバニンが挙げられます。

 

あまり聞きなれない名前かもしれませんがアミノ酸の一種で
排膿作用抗炎症作用に優れていることがわかっています。

 

その他にも血液や体液の浄化作用や血行促進効果も期待されています。

 

体液の浄化作用、ってどんなことを指すかというと
歯周病や蓄膿症、痔ろうなどに対して効果が期待できる。ということなのです

 

さらには免疫力の向上などもあって、風邪を引きにくい健康な体を維持しやすくしてくれます。

 

ナニソレ、万能茶?

 

そうなんです!
そして、そしてなた豆茶が注目されている理由の中に
抗腫瘍作用があります。
がん予防のための一助になるのではと、医学の世界でも注目されています!!

 

本当ですか?なた豆茶ってそんなお茶なの〜
どうしてどうして?

 

なぜそのようなことが言われるようになったかというと
なたまめに含まれるコンカナバリンAと呼ばれる成分が関係しています。
これ、すでに実験が開始されているのですが
がん細胞を移植したマウスにコンカナバリンAを投与したところ
時間の経過とともにがん細胞が減少したことが確認されました
まだマウスの段階ではあるものの、医学的な研究で立証されていることですから
信ぴょう性はかなり高いといえます。

 

なた豆茶が腎機能に効果ありって知ってる?

腎機能って何?って感じなんですけど・・・

 

腎機能とは簡単に言うと
腎臓の働きです。
一番身近なものだと、老廃物を尿(おしっこ)として排出しています。
他にも血圧の調整や、造血ホルモンを出したり
電解質のイオンバランスを保ったり活性型ビタミンDを作ったりと
見えないところでも、めちゃくちゃ大事な働きをしています。

 

さて、なた豆にはウレアーゼと呼ばれる酵素の一種が含まれています。
ウレアーゼは尿素を分解する働きがあって、腎機能にとって欠かせないものです。

 

ウレアーゼが十分に腎臓にあれば、正常に機能できます。

 

腎機能は私たちが健康に生活するために欠かせない器官で
もし腎機能が衰えると関節痛や体のむくみ
さらには高血圧症を誘発するなど体にさまざまな不具合を生み出します。

 

ということで、腎機能を低下させないためにも
なた豆茶が良い!ってことなんですね。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

鼻水鼻づまりお助けアイテム

   『28年間のツライ鼻炎とはキッパリお別れできました』

◇◆ 『えぞ式 すーすー茶』 ◆◇

喉の違和感は、鼻炎・鼻水が原因の場合もある?!

今までの鼻炎対策とは全く違い眠くならない、

たった1杯でその効果が実感できるノンカフェイン健康茶が誕生!

すーすー茶の詳細は⇒こちら